春めいてきましたので、山形市のYのガーデニjングを開始しました

着工する前はこんな感じでしたが、工事が進むにつれて少しずつ変化していきます。

Y様にはかわいい女の子のお子様が2人いらしゃいますので、円形の砂場を設けてみました。

大きくなられて砂遊びに飽きられたら、この砂は芝生の目土に使ってそこに客土を入れ替え

将来は花壇としても使えるように考えています。

もちろん、武田園芸お得意の円形の花壇も、もちろん設けてあります。

円形に洋風ピンコロを並べていくには確かに技術も要りますが、出来上がりはオリジナリティーが

あると思っています。

南側の境界には、将来お隣の水回り関係ができると予想されるので、木製のオリジナルガーデン

フェンスを設けて、視界をやんわり遮ろうと考えました。

この付近にオリジナルの門柱を建てようと計画してあります。

砕石敷きの部分は一部石張りのアプローチができる予定です。

毎日少しずつ変化していくのって、作っている方もほんと楽しみです。

いい作品ができるように、職人には頑張ってもらわなくては。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年11月
M T W T F S S
« Oct    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ