東根市の某中華料理店の竹柵が、「古くなって見苦しいから変えてほしい」との依頼を

受けました。

早速見にいくと、やはり完成から早や6年経過していることもあり、あちらこちらで竹が

雪で取れているのがわかりました。

 

 

幸い木の柱がまだ腐れていなかったので、竹だけを交換することに致しました。

古くなった竹をすべて取り外し、柱だけの状態にしていきます。

それに、太い竹を柱の天端にのせて釘止めし竹バンドで固定します。

 

下の段の竹も天端の丸竹よりも一回り細めの竹を、現状の柱の間隔に合わせて切っていきます。

 

 

それを、同じく釘止めしてから化粧にシュロ縄で結束していきます。

これで、だいぶ高級感が出てきました。

前回の施工の反省点を踏まえて、どうしても一番下の段の竹が除雪の時にひっぱられて折れて

しまうので、下の段の竹だけ降雪時に外せるようにビス止めにして対応しています。

 

 

完成してみれば、延長が長い分豪華に見えます。

工事の着工前と比べると、その差は歴然です。

既成の人工竹垣やアルミフェンスと比較してみても、約三分の一のコストで出来上がっていますので

コスパはかなり高いと思います。

今度寿命が来たら柱だけは、人工の物にして耐用年数を伸ばそうと考えています。

できるだけ長く持つことを期待しています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ