天童市S邸の風、囁きのガーデン2期工事もだいぶ形が見えてきました。

玄関と風のガーデンをつなぐ通路には、中古の枕木を敷いています。

枕木とデッキの間にはクリーピングタイムが、左側にはバラが植えられる予定です。

 

 

彩りのガーデンから風のガーデンに入ってくる敷地がどうしても段差があり、水が流れ出してきて

しまうので、富沢石で小端積みにし土留めを施し植栽地を平にしました。

そこには、枕木で階段を設け庭のひとつのアクセントになっています。

 

 

ケヤキの大木の周りのサークルに組まれていた石組に、大小さまざまな石を足して組んでいく事

により、和風っぽい石組から洋風っぽいロックガーデンにイメージチェンジしています。

石の周りや、レンガの周りは手掘りで土を入れ替えし、なおかつ、石を組むことにより客土を盛る

ことで新たな植栽スペースが生まれました。

いろんなハーブや地被植物が植えられて大きく変貌を遂げることでしょう。

 

 

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ