既存の石を使って、新たに設ける植栽部分の土留工事を行っています。

016 (3)

既存の石なので、組みづらいところもあるのですが大小さまざまな石を使って

天端を水平にして石を組んでいきます。

組み終わったところに、表面の雑草の生えた土を撤去してそこに20cm程の

厚さで土を敷き均します。

014 (3)

これで雑草対策は万全です。お客様からは庭が広くなったと

喜んで頂けました。

次はこの工事の最大の難関となる大きな景石設置に取りかかります。

003 (5)

この画像は、大型クレーンを使って3t半の景石を据え付けている

ところです。

重さが重さなだけに、現場には緊張が走りました。

002 (3)

この石も3t以上あり、据え付けるのには苦労しました。

その大きさゆえに存在感は圧倒的です。

おおまかな石組が終わり、植栽用の客土をいれると

このようになります。

017 (2)

石組をし、土が入っているだけで以前とは比べ物にならないくらいの

景観になりました。

ちなみに後ろに写っているムクゲは隣の御宅のものです。

これもうまく借景して良い庭を造っていきたいと思います。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ