カスタムエージェントの嶋のガーデニングのガーデニングが遂に完成しました。

ゾーンニングにかなり苦労しました。

なぜかというと、限られたスペースに3台分の駐車スペースが欲しいということ

ということは、アプローチとガーデンテラスがだぶってないと無理ってこと?・・・・・・・・・・

ひとつのスペースに2役分の役割が必要になってきます。

それと、ここ嶋は各社のモデルハウスが数多く建っているいる場所です。

そのなかでも、存在感のあるデザインにしたかったので、木立のなかにそれらの

役割をもった個別のスペースを作ろうと考えました。

 

 

一番左側のスペースは、単純に1台分の駐車スペースと割り切りました。

真ん中のスペースはもう1台の駐車スペースと、くるまのいない時はテラスとしての機能をもたせています。 

 

 

1番右のスペースは、さらに もう1台の駐車スペースとアプローチを兼ねています。

それぞれ、3つのスペースとも間に雑木が植えられ、独立した空間を生み出そうとしています。

ここには、ヤマモミジやナツツバキ、アカバナエゴノキやハナミズキ、近頃人気が出てきたアオダモ

などの雑木が植えられ、アベリアやフイリヤブランで根締めをおこなっています。

春にはそれらの木々が一斉に芽吹いて、四季折々の変化を観る人に与えてくれるでしょう。

さらに、コンクリートもグリッド状に別けてデザインし、それらの間に高麗芝を張って緑のスペースを多く生み出し

視覚的にも遠近感を利用して、広く見せようとしています。 やはり、植栽が多く入ると家が豪華に見えます。

 

 

隣地との境界には、キンモクセイが植えられやさしい香りとともに、来訪者をやさしく迎えてくれます。

門柱は枕木を使い、温かさを演出しています。 アプローチもそれと合わせて枕木で縁取りをし

スレートマロンの石を貼ってここだけちょっと豪華に仕上げました。

 

 

奥に見えるのは平均台ではなくて、枕木で作ったオリジナルのベンチです。

 

 

これだけ見れば、ちょと違和感を感じるかもしれませんが、将来はこの裏側に木製のラティスを組み立てて

お隣との視界を遮蔽し、また多目的に使えるフェンスにしたいと考えています。

写真だけでは、なかなか解りずらいと思いますので実際足を運んでみてください。

3月28、29日の両日にグランドオープン致しますので、お待ちしております。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031