着工前はこんな感じでした。

032①

奥には畑土が置いてあり、これを使って家庭菜園を作りたい

という要望を頂きました。

砕石敷きの中には雑草が生え、少し見苦しくなっていたのと

中央にあるマンホールがやたら目立っているなというのが

第一印象でした。

完成後はこうなりました。

IMGA0446①

バイク庫は、外壁の色とシャッターの色を建物の外装の色と

色調を合わせコーディネートしました。

大型バイクを入れるので、頭から入りバックで切り返して

戻る為にアプローチはこのような形になりました。

普段はウッドデッキを連動して使えるように、テラスの役割も

果たせるように考えました。

IMGA0451①

ウッドデッキは約畳2枚分の大きさの物を選んだので

かなり存在感があります。

私には、ここでビールを飲んでいるご主人の姿やお子さん達が

はしゃいで遊んでいる姿が想像できます。

IMGA0452①

無造作に置かれてあった畑土も、こうやって囲う事で立派な

家庭菜園に生まれ変わりました。

手前に植えてある真っ赤に紅葉したモミジも、やがては大きくなり

緑陰木として厳しい西日を遮ってくれることでしょう。

 

雑草が生えていた砕石敷きもすべて取り払い、防草シートを

敷いて玉砂利を敷き詰めたことで、もう雑草に悩まされる事は

ないでしょう。

 

この度の設計のテーマは、バイク庫・ウッドデッキ・家庭菜園の

3つに絞ったことで、シンプルですが利用価値の高い作品に

仕上がったと自負しております。

天候により工期も予定より少し延びましたが、なんとか

完成して良かったと思います。

 

色々とありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ