この画像は今から25年以上前、私が最初に設計施工した山形市のT邸の茶庭です。

木々は成長しもはや樹形は落ち着き、円熟の域に達しているかのようです。

一番驚いたのが手水鉢です。

真新しい施主が準備されたそれは、黄土色のいかにも今土から掘って来たと言わんばかりの

様な状態でしたが、月日はそれを別物のような風格と気品を与えてくれました。

ここだけ見ると、ここが山形ではなく京の茶庭のような錯覚に陥ります。

幽玄とはまさにこんな情景をさすのでしょうか?

ここを作らさせていただいて、京風庭園とは何ぞやと専門誌とにらめっこしていた、若かりしころが

走馬灯のようについ昨日の事のように脳裏に浮かんでは消えていきます。

古びた竹垣も一つの絵になることを、知る由もなかったあさはかさを、改めて感じさせられます。

縁あってこの竹垣も新しく作る予定なので、また古いものに新しい息吹うを与えたくださる施主のお気持ち

に感謝あるのみです。

 

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031