着工前はこんな感じでした。

26youhuu6-1

アプローチは、ハウスメーカーの提案ですでに施工済であり、奥には、家庭菜園としてはかなり大きな物がありました。

26youhuu6-2

道路に面したカーポート脇も、何も手つかずの状態でした。

26youhuu6-3

 

 

リビングの前に広いデッキを設けてほしいとの要望でした。

26youhuu6-4

もう1台分の駐車スペースが欲しいという要望だったので、敢えて全て土間コンクリートにして、無機質な感じにしたくなかったので、タイヤの乗る部分だけコンクリートを打ち、その間には、富沢石を石畳風に貼りました。これは、車を駐車する時に、タイヤがはまらない効果も考えた上での結果です。それ以外の部分は、高麗芝を張り、車が停まっていない時、遊びの延長で使ってもらえる様、考慮しました。

26youhuu6-5

物置前も殺風景だったので、敷石で土留を施し、そこに土を盛って、植栽のスペースを設けました。ここにも、雑木とグランドカバーを植栽して修景しています。物置には、化粧平板を並べて、物が出し入れしやすい様に考えました。

26youhuu6-6

隣地との目隠しに、オリジナルガーデンフェンスを設置し、空間を仕切りました。家庭菜園も既存の畑土を流用して、円形の物を3個作り、リズミカルなデザインにこだわりました。円形にした事で、畑に入る事なく作業できるので、靴を汚す心配もいりません。リビングには、大きなウッドデッキも備えてあり、庭との連携を考えました。日陰になる様、所々に雑木を植栽し、芝の面積を広くする事で、小さな息子さん達が伸び伸び遊んでもらえるスペースにしました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年11月
M T W T F S S
« Oct    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
記事アーカイブ