天童市のT邸の和風庭園も、いよいよおもしろくなってきました

まずは主庭の土留めを鳥海石にて組んでいきます

小さいとはいえ、やはり石、それなりの重さになるので、機械を使って組んでいきます

 

 

小ぶりながらも大小変化を付けて、組んでいけばそれなりに見栄えがしてきます

それに奥行きが無いので大きい石を使うと木を植えるスペースが無くなってしまいます

 

背景には、アルミの骨組みを組み立てて御簾垣を結おうと思っています

 

 

これだとよほどの衝撃を与えないかぎり壊れる心配が無いので、従来の木の柱を使うより耐久性は

段違いに良くなります

 

いよいよ、メインの石組みに入ります

思い切ってかなり大きい鳥海石の景石を運んで来たので、当社のトラッククレーンでは吊れずに

10トンクレーンを借りての作業になりました

 

 

駐車スペースが少なくセットするのにかなり苦労しましたが、何とか作業開始

 

 

ところが、ここで大きな問題に直面しました

屋根の軒が邪魔してそれ以上中へ石を組むことができません

本当に根性で石ごとワイヤーを引っ張って、恐怖と闘いながら何とか設置しました

思ったより大きな石を組むことが出来たので、結構迫力ある石組みになりました

 

つぎは御簾垣の施工です

だんだん変わっていくので、お客さまも「人の仕事は大変面白い」とかなりな時間私たちの

仕事ぶりをご覧になっているようです

つぎはどんなドラマを見せられるのか乞うご期待

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30