この雪解け間近なこの時期、落葉樹の剪定にはもってこいの時期になります

当社では、県営団地の剪定に大忙しです

 

 

このように、落葉樹の場合、葉っぱが全て落ちていますので樹形がはっきりわかります

さらに休眠期間中なので思い切った剪定をしても樹木が弱りません

なので、樹形の骨格を形成する冬期剪定を行っている訳です

 

 

このように思い切ってバッサリ剪定していきます

このようにして何年も掛けて理想の樹形に作っていく訳です

この木はカツラですが、樹種によって切り方が全然違います(あくまでも基本は一緒です)

葉の付きかたをイメージしながら、2~3年先の事を考えて切っていきます

 

 

この木はヤマモミジですが、やはり樹形にあった剪定をしなければなりません

こういう剪定のことを専門用語で「すかし切り」といい、剪定の中でも最も難しいのでかなりの熟練を

必要とします

こういう雑木はあくまでも自然樹形に仕立てなくてはならないので、その木その木の特性を熟知

する必要があります

あくまでも切り口は見せずに、自然に見せる

 

このスカシ切りは私が、京都に修行に行っていた時に見よう見まねで練習し手に入れた技術です

当時は住み込みの人に交じって修行していましたので、先を越されないようにと誰も教えてくれませんでした

山形に帰ってきてから、仕事を終えてから会社の樹木を切って練習したものです

それを、当社の職人に厳しく教え込んでいく訳です

これさえ覚えてくれれば、よく街路樹で見かける恥ずかしいブツギリ剪定にはならないのです

 

 

このような比較的刈込みは、慣れれば簡単な方でしょう

新人はこういう刈り込みと掃除から入ってくる訳です

早く一人前の職人に育ってくれるまで、まだまだ私のどなり声(あくまでも愛情が入っています)が

やみそうにありません

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031