作庭後30年近く経過した天童市にあるA歯科医院のお庭

先代の父がその当時京都の庭をイメージして作った代表作

さすがにツツジ類が大きくなり、景石が見えなくなったので思い切って半分くらい詰めることに

 

 

この位伸びすぎるとさすがに職人だけでは大胆に切れないと思い、私が作業を指示する事に

ここが度胸の見せ所です

 

 

思い切りバリカンでバッサリと・・・・・・・・・・・・・・・・・

鳴り響くエンジン音に、周りではなにが起こったのか注目の的

 

 

それでも躊躇することなく、切りつめていきます

段々作庭5年後位の一番良い形に戻りました

やなり、春先芽吹き前のこの時期でないと、こんなに思い切って切りつめる事はできません

私も、この道に入って30年になりますが、こんなに切ったのは初めてです

でも、京都に修行に行っていた時、先輩の職人が「石は決して大きくならないから誰かが切らんとならんのや

そうやって京都の庭はいまも何百年も前の形を維持しとるんや」と言われた時の言葉を思い出してしまいました

 

そうして私が監督して切り上がった形がこれです

 

 

 

かなり立派な鮫川石が見えて理想の形になって来ました

後は、この裸の状態に新葉が吹いてくれれば完成です

きれいに芽吹いたらまた報告したいと思います、期待していて下さい

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031