天童市のU様宅のガーデニングも、いよいよ大詰めを迎えています

劇的に変わる植栽の工程を迎えたからです

 

 

これは、ナツツバキの株立を植えているところです

ほかにもジューンベリーの株立ちやソヨゴも植栽しました

 

 

 

生垣は常に外からのプライバシーを守りたいという、お客様の要望で、比較的に高さがとれる

トウネズミモチを植えました

 

 

それでは完成です

着工前は こんな感じでした

 

 

 

それがこのように変化しました

 

 

 

アプローチはスレートマロンという石を、グリッド状に張って狭い空間のなかでも変化をつけています

花壇の縁取りはショコラという新しいレンガの商品を、使ってみました

出来立てのチョコレートのように可愛らしい商品でした

 

 

1.5mの高さに 揃えられた生垣のせいで、すっきりと遮蔽することができました

単管パイプで作られた藤棚も、パイプを割竹で巻いてグレードアップを計りました

これはコスパ大です

 

 

 

ヒラドツツジやドウタンツツジの低木を植えて足元をスッキリまとめました

30センチ角の平板を2列にならべてここもシンプルにまとめました

 

 

奥行きが2.7mしかなく変化をつけるのに苦労しましたが、いろんな技を使って

うまくまとめられたと思います

植えられた雑木が四季の移り変わりを見せてくれると、きっと仕事で疲れた心を

癒してくれることでしょう

心の琴線に優しく触れてくれることを、期待しています

ほんとうにいろいろとありがとうございました

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031