天童市のTさん家のガーデニング、と言うよりは現代和風のゾーンの施工に入りました

ここは、既存の樹木を移植したり、ある石で土留め石組みをするのでどちらかと言うと

現代和風の感覚を取り入れたいと考えています

 

 

これは、白御影石で花壇を作っています

形が3角形なので施工が少し大変でした

 

 

既存のキンモクセイの大木、これを洋風と現代和風の中間地点に位置付け、その馴染ませる役割を

持たせようと考えました

 

この木は移植せずその周りに盛土していきます

これに土が崩れないように、以前から積まれていたのを取ってあった既存の石で土留め石組みをしていきます

 

 

ある石を使っての作業なのでいろいろと制約があり、出来栄えが心配になります

でも、そこはテクニック?でカバーするしかありません

 

 

ようやく完成・・・・・・・石の高さが少し足りなかったので崩れ石組みという手法をとりました

川石が多数だったので、組みづらかったのですがなんとか天端を水平にすることが出来ました

 

 

今まで仮植してあった樹木も少しづつ移植していきます

こらはポーポの木という珍しい果樹です

私も初めてあつかいました

果たして来年どんな実がなるんでしょうね?すごく楽しみです

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031