Contents

山形市M様宅のガーデニング工事を請け負いました。

着工前はこんな感じでした。

006

造成してからかなりの年月が経っていた為、既存の切石積や

コンクリートブロックが曲がっていて、それを直す必要がありました。

001

反対側から見ると、いかに水路が古く曲がっているかが

お解り頂けると思います。

面積もとても広いので、大胆なデザインを導入しました。

012

一番最初に手掛けたのがこの部分です。

水路途中から、アスファルトが斜めに施工されていて

スノーダンプがここを通るのが難しいので

平らにしてほしいと依頼されました。

そこでブロックを1段積んで、グレーチングをかけることで

この問題を解決しました。

016

既存のアスファルトと高さを水平にしたので、ここに砕石を

入れて仕上げれば、平らになり、尚且つ通路も以前より広くなったと

喜んでいただけました。

024

合わせて、下の曲がっていた石を水平に戻し

鉄筋を差しブロックを積み上げることで、水路を修復しました。

 

これで水回りの問題は全て解決できたと思います。

この現場は入り口が狭く、全ての材料の運搬が人力になるので

とても厳しい現場になると思います。

ですが、若い社員にはっぱをかけて、完成まで頑張りたいと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる