今回は予算の関係上、一期工事はシンプルに外構工事優先で行く事にな

りました。

 

着工前はこんな感じでした。

IMGA0777

DSCF3093

まずは、南側の隣地境界から優先的に仕事をしていきます。

既に両隣に家が建っているので、南側の建方が始まる前に急いで工事し

なければなりません。この様に大規模宅地に建てられている家の外構工

事は、こういうケースが増えてきました。

O様邸では、建築途中にそういう相談がございましたので、上手くハウスメ

ーカーと打ち合わせができ、その点はスムーズに事が進みました。

 

まずは床掘りからです。

DSCF3095

それが済んだら、防草シートを敷いて玉砂利を運搬しました。

外周にブロックを2段積んでからだと、重たい物は搬入が大変になるから

です。

DSCF3098 DSCF3100

次に、花壇用に客土を入れておきます。

DSCF3103 DSCF3104

後は左官屋さんでブロックが積み終わるまで、待つしかありません。

両側の現場では、建前の日程は決まってますし、何やら日程調整の難しい

現場になりそうです!

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ