p1080387

 

imga0164

着工前は、この様に外構工事で発生した残土が山のように盛ってあったので、これを利用して築山を造ろうと思いました。

p1080386

先程の残土を床土に使い、その上に客土を盛土して高さ1m位の築山を造りました。

植栽は雑木(アオダモ、ヤマモミジ、ナナカマド、ジューンベリー、シラカシ等)を使って、必要最小限の本数に留めました。

p1080385

この角度から眺めると、先程の説明が分かり易いと思います。

大きいのは中央にあるシンボルツリーのヤマモミジの株立だけ。後は高さが1.5m~2.5m位の比較的小さい木にしました。子供達の成長と共に樹々も成長してくれる事を願って!

p1080387

この角度から眺めると、まさに子供の頃に見た「ひょっこりひょうたん島」です。

imga0882

庭を造る前から栽培されていた家庭菜園。

築山から土が流れてこない様に、色々試行錯誤した結果、丸太の木柵に決めました。一番安価で見た目も素朴。この庭の雰囲気にとても馴染んでくれています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ