ガーデニング施工前と施工後でどのように変化したのか、分かり易いようにビフォー・アフター形式で紹介したいと思います。

 

before

 

after

和室の前という事で和っぽい植物を選択しました。

主木はナツツバキの株立で添えにはナツハゼを植えました。

根〆はシュウメイギクとスジギボウシでまとめてみました。今年はもう終わりましたが、来年花が咲いたら相当綺麗になること請け合いです。

 

before

 

after

ベージュのリブロックを積んで土留にしました。

こうして見ると、付いていないようで付いているのが傾斜。ブロック1段分(約20cm)の傾斜が付いています。

 

before

 

after

芝生で造った築山を私の直感で思い切り高くしてみました。その結果、庭にうねりと動きが出たように感じます。

築山には、雑木類(ジューンベリー、カマツカ、アオダモ、ハナミズキ(赤)(白)、オトコヨウゾメ、キンモクセイ)をバランス良く配植しました。

下草には、葉の美しいフイリヤブランと管理が楽なキャットミントを植えてみました。どちらも花の色が紫系なので、カラーバランスも上手く取れると思います。

 

after

コンクリート+アンティークレンガで造った大きなテラス。

これ位大きいと、この時期に子供達が遊ぶプールを置くには充分な広さです。

中に埋められた多くの基礎ブロックは、冬の雪囲い用に設置しました。

合わせて、立水栓も大洋紅という石で丸く囲い可愛く仕立てました。

 

before

 

after

テラスをこちら側から見ると、かなり広くなっているのが分かります。

それは、御主人の車を車庫からバックしてここに停めて洗車する為です。

デザイン的にもインパクト大ですし、アイデア次第ではいろんな使い方が思いつきそうです。目隠し用に植えた生垣も、テラスに合わせて曲線を描いています。

 

after

道路沿いには、プライベート感を演出する為にウッドフェンスを設けました。適度に遮蔽されているので圧迫感がありません。

 

before

 

after

建物の外観は、この角度から見ると一番変わったような感じがします。

片勾配の屋根とウッドフェンスの水平が絶妙にバランスが取れてきたので、家がゴージャスに見えます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年9月
M T W T F S S
« Aug    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
記事アーカイブ