Contents

山形市T邸の竹垣施工

もうこのTさんのお宅の竹垣を結ってから、かれこれ20年くらい経つのでしょうか?

そのせいで柱も竹もかなり腐って、かなり危ない状態でした。

お茶の先生でもあり、お茶会でこの茶庭をお使いになるので、この度思い切って

竹垣を交換することになりました。

まずは、古い竹垣を解体していきます。

 

これは御簾垣です。

柱は根元がかなり腐っていました。

そこで、何年でももつようにと骨組みをアルミ製で頑丈に組み立てる事にしました。

 

作庭してからすでに20年以上経過していますので、木々の根がかなり伸びてきて基礎ブロックを

据え付けるのがかなり大変でした。

この作業はプロのアルミ職人に頼んだので、かなり苦労をかけてしまいました。

 

ここからは庭師の登場です。

真新しい竹もなかなかいいもんですよ~

この次に御覧にいれますので期待していて下さい。

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる