Contents

作庭家としてのこだわり

我々は、作庭家としてのこだわりがあります

なので、外構屋さんが手がけた仕事とは、どうしても一線を引きたがります

まずは、山形市K様邸のこの仕事

 

 

最上町の石屋さんから、1個1個石張り用に選んで持ってきた物です

普通の鉄平石とは違い、石が厚いので奥行きがあり、また風情があります

だから、この素材を活かすべく、なるべく石を切らないで石畳み風に張っています

 

 

目地入れも、普通の職人さんがやれば目地材を一面に塗りたくって、ベロ~と平らに仕上げるのでしょうが

わざわざ石の奥行きと立体感を出す為に、京都まで行って買ってきた特殊な手作り目地ゴテを使って

二人で丸一日掛けて仕上げました 

採算を考えたら絶対にしないでしょうね

でも、こう仕上げたかったのです 庭師のプライドにかけても

 

 

駐車スペースのスリットまでも、富沢石をあえて縦使いにして小端張りにしています

縦使いなので車がのっても絶対動きません

これも、から練りで目地を入れ洗い砂で仕上げました

コンクリートがベロ~と上まで来るより、より自然で無機質感が和らぐと考えたからです

 

 

時折仕事を見に来てくれていた隣のおじさん、おばさんにも「随分いぐなったね~」とほめられました

枕木の周りを同系色の富沢石を張った事で、新しいモダンな感覚のアプローチに仕上げる事が

出来ました

富沢石をあえてスクウェアに張ったのが正解でした

この出来栄えには私も満足しています

 

 

既存のコンクリートブロックの下塗りが完成し、まったく別物になったようです

これに塗装をして仕上げれば、かなり変わるでしょうね

次は、時期を見て植栽を施し、魔法をかけます

期待して待っていて下さい

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる