今年のガーデニングの工事はすべて完了し、既に受注させて頂いた工事は来年度に持ち込みさせて頂きました。

今は人手不足の感が否めず、社員のほとんどが雪囲い作業に追われています。よって工期に限りがあるこの現場だけが動いている訳です。

芝生広場の工事が完了して、次は露地の流れ工事に取り掛かりました。

現場がとても狭く、このようにミニミニバックホーしか使えず掘った土も一輪車で搬出という、とても過酷な現場になってしまいました。

作業開始から約2週間ようやく形が見えてきました。

池底との高低差が自分で考えていたイメージとかなり異なり予定の倍以上の石を使いましたが、その分すごく迫力が出たように感じます。

途中には既存の切石を再利用した石橋も架けてあります。

遂に恐れていた雪が積もり工事はさらに遅れてきました。

この流れが完成するとだいぶ目途がつくのですが…

ここが正念場。無理しないで事故だけは起こさないようにしないと! 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
記事アーカイブ