お客様からの最初のご相談は

「庭を解体したいのですが、石を処分するのにいくら位かかりますか?」

というものでした。

 

…が、しかし中には重さ3tを超える石があったので

「処分するよりも組み直した方が良いんじゃないか…?」

という事になり、工事が始まりました。

 

着工前はこんな風に2本の赤松と立石が残されている状態でした。

 

DSCF4548

DSCF4552

 

整地してから約1ヵ月が経ち、現地に入ると草がボーボー。

まずは草刈からです。

 

DSCF5210

 

重機の入れないところは人力で行うしかありません。

これが予想以上に大変でした。

 

DSCF5222

 

次に盛土を行います。

 

大まかな所はバックホーで入れましたが、

やはりバケットが届かない所は一輪車での運搬になります。

 

DSCF5220

DSCF5221

 

2日間でようやくここまで仕上がりました。

 

RIMG1833

RIMG1832

 

積み重ねてあった石にワイヤーをかけて、全てをバラバラにしました。

これで石の形がようやく掴めました。

 

盛土も出来るところまでやってみたら、

何となくですが庭の形が見えてきました。

 

次はいよいよ25tクレーンを使っての石組になります。

大きな石を活かす迫力のある石組にしたいと思っています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ