夏目の手水鉢を主体とした和の坪庭が納まりました。

 

DSCF5813

 

モミジとナンテンを植えて、伊勢ゴロタ石を敷き詰めると、

落ち着いた雰囲気になってきました。

 

もう一方の神社周りもモミジやサザンカ・サツキ等を

植え付けるとかなり風格が出てきました。

モミジの紅葉が真っ赤な神社にとても合います。

 

DSCF5732

DSCF5806

 

一方、洋風スペースの方は、

縁取りを小舗石やエッジキングで行いました。

 

DSCF5723

DSCF5718

 

次はいよいよメインの植栽です。

 

想像以上に大きくて立派な木を仕入れられたので、

五輪車で運搬することになりました。

 

DSCF5803

 

木を植えていくと、瞬く間に庭の雰囲気が変わっていきます。

 

DSCF5804

DSCF5802

 

次に下草類を植え、高麗芝を張っていくと

更にアップグレードされていきます。

 

DSCF5810

DSCF5807

 

ここまでくるとようやく完成が見えてきました。

 

和と洋が上手く融合して違和感なく納まるか?

庭師のセンスが問われます。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2019年12月
M T W T F S S
« Nov    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
記事アーカイブ