既存の土で形成が終わった所に、植栽用客土を上にかぶせて

均していきます。

IMG_0071

2台分の駐車スペースを確保する為にとった敷地に、砕石を敷いていきます。

あまりにも地盤の土がぬかるんでいた為に、設計には無かったのですが

下に山砂利を10t車2台分敷いて、固めてから仕上げに砕石を

敷いていきました。

IMG_0077

敷き均しが終わったら、タンパで締固めを行い、車が上がっても

凹まない様にしました。

001 (4)

側溝に土が流れ出さない様に、高麗芝を全面に張りました。

芝を張ると、景観もだいぶ違ってきます。

005 (3)

芝を張って、砕石を敷き固めたら完成です。

002 (5)

今は目土がかかっている為に、どこに芝が張ってあるか分かりませんが

来春になれば、また違った景観が見れるでしょう。

004 (5)

別の角度から見ると絶妙なアンジュレーションがついているのが

お解り頂けるかと思います。

 

今回の工事はこれで完成なのですが、これには理由があります。

それは、御主人がナチュラリストなので自分で雑木や、私共の会社で

処分に困っている木を買い取って下さり、自由に植栽してみたい

というのが、長年の夢だったからだそうです。

 

この工事にあたり、当社以外にも2社から見積もりをとったそうですが、

その中でも当社は一番高く、他の会社の約2倍だったそうです。

それでも、当社を選んで下さった理由としては、

土木的な感覚ではなく、自然な造園的感覚で造形を作ってもらえるのでは

と思い、当社に依頼して下さったそうです。

それはそれでかなりのプレッシャーでもありましたが、私なりになんとか

お客様の御要望にお答え出来たのではないかと自負しております。

 

これから、この場所がお客様の手によって、どのように変化の過程を

歩んでいくのかと思うと今から楽しみです。

近くに寄った際は、時々足を運んでその経過を見守りたいと思います。

 

最後に、お客様には休憩の度にあたたかいコーヒーを

御馳走になりました。寒さで手が震えつらい状況にあっても

その一杯のコーヒーに救われた事は計り知れません。

本当に気を遣って頂きまして有難うございました。

これからも宜しくお願い致します。

 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031