寒河江市のS邸のガーデニングがやっとの思いで完成いたしました。

まだコンクリートが完全に乾いておらず、色がイマイチなのと、あいにく

樹木が落葉してしまい、本来の美しさをお見せできないことを残念に

おもいます。

その辺を想像してご覧ください。

駐車スペース兼アプローチ もう少しコンクリートが乾くと石調との違いがわかるんですけど

玄関前までのアプローチまで連立して、延長が長いように演出されそのぶん遠近法ですごく敷地

が広く見えるようになりました。 奥には円形花壇が見えます。

デッドスペースにはすぐに植栽 ここにはカツラの株立ちを植えてテラスが丸見えにならないように

しました。

スレートラストという石材を張ったアプローチ、1枚1枚模様が違うので変化があっておもしろく感じ

ました。 その分雨が降って濡れた状態であればかなりゴウジャスになるでしょう。

でも、職人には苦労をかけました。 何故なら、曲線になっているぶん端の石はそれに合わせて

1枚1枚曲線にカットしなければならず、かなり大変な作業になりました。

でも、満足のいく仕上がりにほっとしております。

この庭のテーマが一番わかるアングルです。

曲線が折り重なるようなイメージで設計しました。 「大地をキャンパスにまるで絵を描いたみたい

波のよう」と施主のお母様に言って頂きました。 手前の土の部分は将来、地被植物と低木が

植栽される予定になっています。 そうすれば、余計テーマがはっきりしてくるでしょう。

小さいお子様がいらっしゃるので、遊べるように設けた芝生のスペース

円形花壇も段々花壇になっており、テーマにそっております。

隣地境界のマサキの生垣がフェンスの高さまで成長してくれたら、空間が仕切れてまた違った雰囲気

になるのですが・・・・・・・・ がまんがまん

北側の道路に面した所には、エレガンテシマを植えました。 白い外壁に映えると思ったからです。

これだけでも、ずいぶん雰囲気がかわるものです。

約1か月掛かりましたが、苦労したかいあってうまく仕上がったと思っております。

私のデザインを快く受け入れて下さり、やりたいようにやらせて下さったSさんご夫婦には大変

感謝しております。 本当にお世話になりました。 職人にかわりお礼申し上げます。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ