IMGP2795

スクウエアな建物に合いつつ、それでいてナチュラルな森林をイメージした

作品をコンセプトに設計しました。

 

着工前はこんな感じでした。

IMGP2691 IMGP2692 IMGP2693

完成後はこんな風になりました。

IMGP2798

以前から植えてあったイトヒバは、どうしてもこの庭には合わなかったので

伐根して、他のヤマボウシやニッコウヒバは自然風に剪定し

この庭に馴染ませました。

既存の石組も低く、土が流れ出る状態だったので新たに組直しました。

景観の向上にも一役かっています。

IMGP2795

建物から見ると、間知石積を1段と2段に分けて棚田風に植栽スペースを

確保し、高低差を付けることで庭に変化を持たせました。

自然な外観が良いとお客様が仰っていたので、アオダモやツリバナ

ジューンベリー、アズキナシなどの雑木を植えて、既存の樹木と

馴染ませました。

2段積の部分に植えてある低木のシモツケは、高さが50cmくらい

あるので、リビングと歩道の視界を程よく仕切ってくれます。

IMGP2800

西側のスペースは既存のヒューム管で作ってあったオブジェに

木製のラティスを加工して取り付けたことにより、個性溢れる

ガーデンフェンスに生まれ変わりました。

将来ここにはツル性の植物や、ハンギングをし楽しんでもらいたいなと

思っています。

植栽はクロモジとアオハダを植え、自然観を出すと共に

下草には、お客様が好みのガウラを植栽しました。

その他の部分は花壇として使える様になっています。

IMGP2796

玄関前のコンクリート擁壁は、あまりにも無機質感が強かったので

下草にハーブのキャットミントを植える事により、緑の量が増え

この空間に彩りを与えることが出来ました。

IMGP2799

この角度から見ると、既存の石積をいかに苦労して組み直したか

分かって頂けると思います。

IMGP2797

アプローチから東側を向くと、隣家の周りから見えてしまうので

常緑のモチノキを列植して、将来は垣根に育てこの空間を

上手く仕切ってもらいたいと思っています。

今回の工事はすでに外構工事が出来上がっていたので

それに合わせるのが結構難しく、センスの問われるところでしたが

結果的には、建物にマッチしたガーデニングが出来たと自負しております。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ