着工前はこんな感じでした。

P1020182-a

P1020181-a

P1020180-a.jpg

この植樹桝に植栽用の客土を敷き均していきます。

P1020183-a

そこに木を植えていきます。

P1020185-a

これは、目隠し用に常緑樹のモチノキを植栽している所です。

メインの事務所の入り口脇には、エゴノキの株立ちを植栽しました。

002 (2)-a

この画像は、樹木が風や雪によって動かないように

竹で八ツ掛支柱を施している所です。

 

その脇の花壇には、低木で花の期間がすごく長いアベリアを

植栽しました。

001 (2)-a

植栽が完了したのが次の画像です。

P1020191-a

事務所入り口には、シンボルツリーのエゴノキの株立ちが植えられ

この無機質な空間に潤いを与えてくれています。

 

アベリアも今は少し寂しいですが2、3年後には緑の量も増え薄桃色の

花が長い期間、事務所を訪れる人達を和ませてくれる事でしょう。

P1020188

事務所の入口にはアオダモの株立ち、ハナミズキの赤花、ナツハゼが

植えられています。

P1020190-a

東側の花壇にはモチノキが列植されて、後ろの機械室を遮閉しています。

その他の部分は、花壇として社員の方々が四季折々の花を植えて

修景していくとお聞きしました。

 

来春には、どのような形で進化した外観になっているのかが

楽しみでもあり期待しています。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2021年1月
M T W T F S S
« Dec    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ