ガーデニングが始まる前の外観がこの画像です。

dscf5502

完成した画像がこちらです。

dscf6023

入口側の花壇には、冬場でも葉が落ちて淋しくならない様に、常緑の物を

植栽しました。

シンボルツリーには、色々なデコレーションに用いられるトドマツを植え、そ

の隣には常緑のヤマボウシを植えました。

将来は、トドマツの方が成長が早いので、こちらの方を1m位高くしたいと

考えています。

トドマツの周囲には、花の期間が長いアベリアを植栽しました。根〆には、

ここ数年カラーリーフとしての人気が高いヒューケラを植えてみました。

dscf6014

ショールームの前は、ガラス越しにあまり視界の邪魔にならない様に、新

緑がレモンイエローになって美しいイレックスサニーフォスターという木を植

えてみました。

根〆には、こちらも斑入りの葉が美しいフイリヤブランを植えて、華やかに

演出してみました。

また、ショールームから直接外へ出られる様に、枕木で通路を作ってみま

した。

dscf6013

一方、反対側の入口側の花壇には、落葉樹をメインでまとめ、四季折々の

季節感を感じてもらいたく配植してみました。

手前の高木はジューンベリーという木で、最近、色んなお庭でよく見かけま

す。可憐な白い小さな花が咲き、またそれが実になり、ジャム等で食べる

事ができます。ベリー系の木なので…

その隣の木はアオダモと言い、木肌に白い模様が浮き出てくるのが特徴で

す。この木の周囲には、シモツケという薄紫色の花が綺麗な低木を植えて

みました。

根〆には、同じ薄紫色の花が咲くハーブのキャットミントを植えてみました。

こちら側は、新緑の季節になると空間が劇的に変化する様、演出してあり

ます。全体のイメージがスターバックスという事だったので、それにこだわっ

てみました。

dscf5432

     ↓              ↓              ↓ 

dscf6024

かなり近いイメージに仕上がったと自負しています。

オープンも間近なので、皆様も是非足を運んでください。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
記事アーカイブ