武田園芸

  2つのオベリスクには、つる性のバラやクレマチスを這わせ

 立体感を出してグランドカバーにはギボウシの「ゴールデン・ティアラ」という

 品種の物を植えて、彩りを与えています。

 縁石には伊勢ゴロタ石を洲浜状に埋め込んで和のテイストを与えています。

 大判の飛石は以前の庭で使われていたものを再設置する事で、新たな役割を与えています。

洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

  以前から植えてあったヤマボウシの株立は移植せず、エゴノキの株立は移植してこの庭に合う様に向きを変えました。

 その他にも、アメリカ原産のシャラノキの仲間「フランクリン・アラタマハ」やツリバナの株立といった雑木を植えています。

 グランドカバーにはイモカタバミやイタリアギキョウといった華やかなものをチョイスしました。

洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

  富沢石の小端積みは、既存のヤマボウシの植高に合わせて高さ20㎝に設定しました。

 奥に見える鳥海石の石組みは、リビングから見ると渓谷を表わし、石組の天端から垂れるシダレモミジはまさにそれを演出しています。

 下草には、ナルコユリ、ツワブキ、キキョウ、ホタルブクロ、ダイモンジソウ、リュウノヒゲをランダムに植えて自然な感じに仕上げました。

洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

  アオダモの株立をメインに、こちら側もジューンベリーの株立を植えたり、ヤマモミジを移植したりと雑木をメインに植えてあります。

 低木にはシモツケや、ウツギマジシャン、ピンクのリュウキュウツツジといった新しい品種も取り入れています。

洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

 こちらの富沢石の小端積みは、高さを40㎝にして、リビングの床面と同じ高さに設定し、奥に行くにしたがって低くする事で遠近感を強調しています。

 何と言っても、この小端積みのなだらかな曲線と小端張りの自然な曲線それぞれの丁寧な仕事ぶりがこの庭の一番の見せ所です。

洋風ガーデニング 山形県東根市 造園業 武田園芸

 立水栓、シンプルなデザインのものチョイスし、2つの蛇口には自動灌水システムとつながれており、管理の軽減化に貢献しています。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031