Contents

村山市 I邸の剪定  パート2

村山市 I邸の剪定も2日目に突入し、だいぶ感じが変わって来ました。

クロマツは手間は掛かりますが、職人の立場で言わせてもらいますと

一番やりがいがあり、剪定後満足感が得られるのはマツ類です。

庭師はいつかはマツの剪定を任せてもらえる日を夢見て、日々

修行に励むのですから、うまく出来上がれば、もう最高です。

とかく、松類は維持にお金が掛かる為、敬遠されがちですが、これはもう

立派な伝統であり文化のひとつなのですから、可能な限り弟子から弟子へ

伝承していきたいと当社では考えています。

この日は、お客様の要望でチャボヒバの芯を約2メートルくらい落して、形を作り変えています。

これで、だいぶ形が落ち着いてきました。

明日には、剪定作業が終了の予定です。 私もどう変化するのか非常に楽しみです。

こうご期待

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる