Contents

ほんと怖かった

午後2時40分ころ近くの100円ショップで買い物を済ませ、南進して上山インターから高速道路へ

乗ってすぐに携帯に地震速報が

とほぼ同時位に揺れが・・・・・・・・・

この位大丈夫と思い少し減速して走ってみるが、ハンドルが取られ蛇行運転

慌てて非常駐車帯へ避難

サイドブレーキを思いっきり引くも車が前へ行きそう

右足で思いっきりブレーキを踏み込む

ふと、そこで少し冷静になりあたりを見回すと、高圧線が振切れんばかりの勢いで揺れている

走行していた車も全てハザートをつけて、そのまま走行車線に緊急停車していた

 

5分くらい経っただろうか?

ようやく揺れも落ち着いたので走っていたら、すぐに次のインターで降りろとの指示

一般道も全ての信号が停電でストップ、流れを読み手を挙げながら通常の2倍の時間を掛け

ようやく帰宅

 

その晩は停電のためあたり一面真っ暗、家族全員茶の間に集まりサロンヒーターと石油ストーブで

暖をとり調理する

ロウソクの光だけが家族の希望になり、情報といえば流れてくる乾電池式ラジオのニュースのみ

幸い、我が家は家族でよくキャンプをしていたため、乾電池式のライトやLED式のライト、手動で発電し

聞けるラジオがあったので、まだ恵まれていたのかもしれない

これが、オール電化の家だったらかなり大変だったかも

 

 

こたつに湯たんぽ入れて厚着して就寝

でも寒さと、ひっきりなし襲ってくる余震の恐怖でほとんど眠れない

ようやく、朝になり少し落ち着いたら、おなかの調子が悪い

どうやら寒気もするし、風邪をひいたらしい

仕事どころでは無いので今日は臨時休業

が、しかし、連絡をとろうにも、携帯の充電は切れ、家電も混線してつながらない

メールも送れない

 

11時ごろようやく電気が復旧、テレビをつけると、宮城県や岩手県の想像を絶するような惨劇

これには目を疑いました

津波の恐怖といえば先日みた映画「ヒア アフター」を観たリアルな映像がダブりましたが、現実はそんなもんじゃ

ないんだと実感させられる

うちの家内がスパーへ買い物に行ったら、驚くほどお客がいて長蛇の列

しかもレジは電卓たたいて計算

特にインスタント系の食料品は全て売り切れていたとビックリしていた

 

実際に起こってみないとなかなか実感がわかず、非常食や非常持ち出し袋など用意していなかったけれど

今度はちゃんと準備しておかなくては

ところで、みなさんのお宅は大丈夫だったでしょうか

たぶん我が家と同じ体験をされたと思います

日ごろからお互いに気を付けましょう

最後にこの大地震で被害にあわれた方に心からご冥福を祈ると共に、一刻も早い復旧と、そして、生きる希望が

持てることを願っています

そして、私の身を案じメールをくれた全国の友

涙が流れるほどうれしかった

本当にどうもありがとう

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる