029 (2)

既存の樹木が多くなりすぎて、隣地にはみ出したり、また必要以上に混んできた為

それらを整理してすっきりした庭にしてほしいと頼まれました。

008 (3)

古くなった枕木は全て撤去し、奥の方から枕木の2段積、手前の家庭菜園は1段積にして

高低差をつけました。

エゴノキ、ヤマモミジ、ナツツバキ、サラサドウタンは場所を移動して移植し、

ナツハゼやジューンベリーなどの株立ちを植栽し、適度な景観を造りました。

今回の施主の依頼は、ベースとなる部分は作ってもらい、後は御自分でいろんな物を購入して植えたい

というものだった為、低木や地被類の植栽は全て割愛しました。

006 (4)

枕木に高低差をつけたのは、思った以上に立体的になり、必要に応じてベンチ代わりにもなる

というおまけまで付いてきました。

花壇部分には、お客様から相談を受け、雪に強い色んなグランドカバーを

購入して頂けるようショップ等も紹介し長いスパンで楽しんでもらえるように提案致しました。

027

家庭菜園部分は、既存の畑土を移動して整地したので、すでに色んな野菜の苗を植えられ

収穫を楽しみにしているようです。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031