1月下旬だというのにこの陽気は何?

山形市内は田んぼにも雪がないじゃないですか?

ということで、2月から忙しくなりそうな事情を踏まえH邸の造園工事を

開始しました。

庭もアプローチの依頼が、私の提案を受け入れてもらい一部庭の改修工事

にまりました。

まず、最初に既存の庭との境を石組で仕切る作業です。

こういう仕事は図面あってないようなもの

まさに感覚の問題です

こうなるとちょい不良庭師の出番です。(こういう仕事は基本大好きです)

庭師のまた、職人の血が騒ぎます

自然石を1個1個大小組み合わせて据え付けていきます。

やはり、石組が映えると庭の雰囲気がぐっと良くなります

重みがでるというかなんと言うか?

組み上がったところから、植栽用客土を入れて仕上げていきます。

ここに瓦で仕切って地被植物を順次植えていく予定なので、楽しみです。

今後の変化に期待して下さい。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年12月
M T W T F S S
« Nov    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
記事アーカイブ