着工前です。

26youhuu4-1

私は、初めてこのお宅を拝見した時に、何故か豪華客船をイメージしました。ルーフテラス越しに見る2階の様子がデッキの上にあるキャビンに見えたからです。

26youhuu4-226youhuu4-326youhuu4-4

敷地も山形市内にしては、かなり広い事が分かります。私はすぐに雑木林の上に浮かび上がる客室のイメージが出来ました。コンセプトはこれに決めました。

26youhuu4-5

とにかく、緑の量を増やす事を考えました。ここには、ヤマモミジやアオダモ、セイヨウベニカナメモチ、ジューンベリー等の雑木を植栽しました。雑木類は、四季折々の変化が素晴らしいのはもちろんの事ですが、何よりも管理が楽だからです。

低木類は、シモツケ、ウツキマジシャン、ミツバツツジ等のピンク、紫系の花でコーディネートし、草丈も高さ50~70cm位を想定し、通行人からの視線を適度に遮る事にしました。

26youhuu4-6

リビング前のテラスから見ると、かなり樹木が植えてあるのが分かります。今は冬なので、雑木に葉が付いていないので分かりづらいのですが、新緑の頃には、まるで別荘に来ている様な錯覚に陥るのではないでしょうか。

裸地部分には、ウッドチップを敷き詰めて、雑草の抑制を考えました。同じく、敷き詰められた玉砂利の下も同じ目的で、防草シートが張られています。それは、御夫婦共、働いていらっしゃるので、いくらでも管理の負担を軽くしてあげたかったからです。

26youhuu4-7

ご要望のありました家庭菜園も小舗石で囲んで作りました。こちら側にも、シラカシやアズキナシ、ハナノキ、コトノイト等、比較的珍しい雑木が植えてあります。

26youhuu4-8

坪庭部分にも、ナツツバキ、オトコヨウゾメの雑木を植え、低木には、フォッサギラマヨールを植え、地被には、ヒューケラとクリーピングタイムを植栽しました。和と洋のミクスチャーを試みました。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
記事アーカイブ