着工前はこんな風に、建物廻りの配管がむき出しの状態でした。

IMGA0796

樹木があるので狭く、L型擁壁の設置も土留コンクリートも難しい

と考え、白御影の間知石を2段積む事を提案致しました。

IMGA0797

下地は砕石を敷いてプレートで転圧します。その上に間知石を

積んでいきます。

IMGA0815 IMGA0816

雨水が浸透式になっているので、溜まらない様にあまりコンクリート

を使わない空石積で施工する事にしました。

完成するとこんな感じに仕上がりました。

IMGA1 IMGA2

建物の外観にマッチして、モダンでもあり又、重厚感もあります。

かなりスッキリまとまったと思います。この様な石積みも承りますの

で、興味のある方はご連絡下さい。

お待ち申しております。

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年9月
M T W T F S S
« Aug    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
記事アーカイブ