写真1

奥行きが無い為、庭の半分が軒内に入っています。逆を言えば、これだけでも十分和風庭園が
作れるという証明にもなります。

背景は御簾垣で空間を仕切り、その前に鳥海石にて三尊石組を組みました。

その前には夏目型の手水鉢を据え付けています。

カケヒは特注で長いものにこだわりました。
 


写真2

手水鉢を置いてある前石の周りには富沢石の乱張りを張り、どこか京風を醸し出しています。

アクセントに海には伊勢ゴロタを敷いています。

雑木類はナツツバキ、ヤマモミジやツリバナ、ヤマボウシ、エゴノキなど、和風庭園には鉄板な
樹木を植栽しています。

低木にはサツキモミジやヒラドツツジが植えられており、下草にはフィリヤブランやヤブコウジを
植え、その所々には大文字草等の山野草がちりばめられています。

 


写真3

玉石を土留めして、ノムラモミジ、ヤマモミジ、マユミライラック等を植栽しています。


 

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

タグクラウド
投稿カレンダー
2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031