Contents

村山市 I邸の剪定  完成しました

約2日にわたって行った剪定作業がようやく終わりました。

やはり職人が丹精こめて手を掛けた仕事は、やはりいつ見ても良いもんだと自画自賛してしまいます。

きれいに刈りこまれたササが石組取り囲み、あたかも雲海から景石が顔を出したかのように

見てとれます。

背景のシラカシの生垣がもう少しびっしりと覆えば、もっと空間が仕切れてまた一味違う空間

に生まれ変われるのに・・・・・・・・・ まあ、気長に待つことにしましょう。

マツのもみあげも終わり、だいぶスッキリしました。

今年はコメツガのすかし切りは行わず、もう少し伸ばそうかと考えています。

この木があと1.5メートルくらい伸びれば、この茶庭」もだいぶワビサビが感じられるようになる

でしょう。

去年から比べるとヤマモミジもだいぶ勢いが出てきて、枝が充分に伸びたのでだいぶ理想の

形に成りつつあります。

後ろの五葉松の枝があと1メートル位伸びれば、雰囲気は随分変わるのに

はやく、京風の庭に仕上げたい より自然な感じに仕上げたい

その気持ちをぐっと抑えて、気長に仕立てていきましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

アーカイブ

Instagram

ちょいわる庭師のブログ

ちょいわる