IMG_1138

 

江戸時代末期に造られたという、由緒正しい庭。

なるべく触れずにちょっとした手直しで修景するのが目的でした。

 

DSCF6074

 

建築会社の方が設置された切石。

歩きづらく見た目もあまりよろしくなかったので

切石の寸法を全て計測し再設備致しました。

 

伊勢ゴロタ石を周りに打ち込むことで

延段風のアプローチに生まれ変わりました。

 

IMG_1138

 

手付かずだった家の西側も土を入れ替えてアオダモの株立を植え、

それに合わせてミツバツツジの刈込でまとめました。

瓦を縦使いにして埋めた縁取りも良い味を出しています。

 

IMG_1140

 

玉石がただ並べられ、夏目の手小鉢は雨落ちに使われていましたので

これらは全て取り外しました。

 

夏目の手小鉢は縁側の脇に再設定し

飛石は高さを調整して再設置致しました。

 

IMG_1141

 

沓脱石の周りは富沢石の乱張りを行いました。

なだらかな曲線を描く事で和モダンな感じに仕上がりました。

 

これまた雨落ちに埋められていた小ぶりの手水鉢も再設置し

汚れていた玉石も洗って並べ替えました。

 

周囲に玉砂利を敷き詰めたら

どこか大正のにおいが香るノスタルジックな庭に仕上がりました。

 

IMG_1142

 

アプローチが素敵になったら、この部分も修景せざるを得ませんでした。

土留は富沢石を野面積みにしました。

 

IMG_1143

IMG_1136

IMG_1139

IMG_1137

 

前から据えられていた手水鉢に、湯涌石・手燭石・前石を据え付け、

その手水鉢に添うように曲がりの入ったヤマモミジを植えました。

 

アオハダの株立を主木にして

奥行きを出す為にナツツバキやナツハゼを植えています。

 

この前庭は、建物との調和を目指して和モダンに仕上げてみました。

 

作庭家が提案するこだわりの外構


 いろんなハウスメーカーや工務店で建てられた、様々な建築様式にいかにトータルコーディネイトできるか、それによって街並みにあるお客様の家全体の印象が大きく変わってくると思います。
 

 当社のデザインは「作庭、植栽」の得意分野のみに特化するのではなく、カーポートや物置の配置、アプローチ、それらを結ぶ動線、外部とのプライバシーの確保まで細かく気を配りながらお造りいたします。
 

 単に美しいだけではなく、使い勝手も良く、それでいて管理も楽な、全ての意味でご満足いただける作品を提供させて頂きます。 特に職人が丁寧に作り上げた石積み、石貼りの美しさに、庭師としての技のこだわりを、きっと感じ取って頂けると信じております。 是非、施工事例の画像をご覧ください。

投稿カレンダー
2020年5月
M T W T F S S
« Apr    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
記事アーカイブ